沖縄で省令準耐火構造の注文住宅☆火災保険が安くなる
沖縄で魅力ある木造住宅の設計・建築をご提案

ヒラメキで煌く住まい

28
OCT
2020

注文住宅

沖縄で省令準耐火構造の注文住宅☆火災保険が安くなる

沖縄で省令準耐火構造の注文住宅☆火災保険が安くなる
沖縄で省令準耐火構造の注文住宅は、火災リスクがより低いうえに、火災保険料も安くなるなど、嬉しいメリットが多いため注目されていますよね。
 
沖縄で注目される「省令準耐火構造の注文住宅」とは、多くの災害に強い構造・対策を施した家屋のなかでも、防火対策に特化している構造の住宅です。
 
この住宅は準耐火構造に準ずる防火性能を持ち、なおかつ住宅金融支援機構と呼ばれる国の機構が定めた基準に適合する住宅です。
 
「省令準耐火構造」の条件として、周囲で火災が発生した時も燃え移りにくい性質を持っていたり、室内で火災が発生した時、燃え広がりにくく、(時間を稼ぐことができるため)避難しやすいなどの特徴があります。
 
そしてこのような構造を有していることから、沖縄で省令準耐火構造の注文住宅を建築すると、火災保険が安くなるメリットもある点が、注目される背景です。
 
そこで今回は、沖縄で省令準耐火構造の注文住宅を検討する時に理解しておきたい、「省令準耐火構造」の概要と、火災保険料が安くなる理由についてお伝えします。
 

 

沖縄で省令準耐火構造の注文住宅☆
火災保険が安くなる

 

沖縄で注目☆省令準耐火構造の注文住宅


沖縄で注目☆省令準耐火構造の注文住宅
沖縄で注目される沖縄で省令準耐火構造の注文住宅☆火災保険が安くなるの注文住宅については、ツーバイフォー工法が代表例とされています。
 
従来は柱と梁を組んで家の骨組みを造る手法が用いられてきた工法として、「在来工法」というものが主流でしたが、昭和後期から普及されてきた工法として、「ツーバイフォー工法」というもがあります。
 

【 沖縄で注目・省令準耐火構造の注文住宅☆ツーバイフォー 】
 
★ 沖縄の省令準耐火構造における注文住宅でツーバイフォーは、木材料の大きさを世界規模で標準にして、工場からの木材料調達について大幅のコストダウンができました。
 
→ 材料と材料を釘で留めて構成するために、職人の腕に左右されないため、重宝される工法です。
 
※ 沖縄の省令準耐火構造における注文住宅では木造住宅に使用され、壁で支えるという比較的新しい工法となります。

 

また、沖縄の省令準耐火構造注文住宅では、この工法を用いることも多いです。住宅金融支援機構が定める省令準耐火構造の仕様に基づいて建設された場合の住宅が、省令準耐火構造住宅と言います。
 

 

沖縄での省令準耐火構造注文住宅の特徴


火災に対しての対応に強い
沖縄で省令準耐火構造注文住宅では、「外部から火をもらわない(家まで延焼しない)」ことが特徴のひとつです。
 
近所から火災が発生した場合、耐火性も特化した住宅であれば、類焼損害(もらい火)を受けなくて済むことになります。
 

【 沖縄で注目・省令準耐火構造の注文住宅☆耐火構造 】
 
★ 沖縄で注目の省令準耐火構造注文住宅では、外壁も防火サイディング壁を使い、屋根に関しては瓦やスレートなどの不燃材料で葺くことで耐火構造になっています。

 

次に室内で火災が発生した場合、ある程度時間は部屋から火が漏れないように作ってあることが必要です。
 

【 沖縄で注目・省令準耐火構造の注文住宅☆最小限に火災を抑える 】
 
★ 最小限に火災を抑える為の構造にし、部分を完全に区切り、火災拡大を抑える為に、各部屋が防火区画化となっており、室内の壁や天井には火に強い石膏ボードなどが使用されています。

 

沖縄の省令準耐火構造注文住宅では、柱などの重要な部分に燃え移るまで時間がかかるため、初期火災などが簡単になるのが特徴です。
 

【 沖縄で注目・省令準耐火構造の注文住宅☆燃え広がりを防ぐ 】
 
★ 最後に沖縄の省令準耐火構造注文住宅は、住宅全体へ燃え広がるのを止めるために、通り道となる壁や天井内部の木材や断熱材に、燃え移りにくい材料が設けられます。

 

…以上が省令準耐火構造住宅の特徴となります。沖縄は高温多湿の環境ではありますが、それでも冬場には家事のニュースも多いです。
 
全国的にも子どもが多いとされ、忙しい日々のなかで少しでも安全を求める意識が、沖縄で省令準耐火構造の注文住宅が求められる背景にあるのかもしれません。
 

 

省令準耐火構造は火災保険が安くなる


二階建てと平屋の税金の違いとは
また、沖縄で省令準耐火構造の注文住宅を購入する場合、火災保険料がかなり安くなることも、注目された背景にあります。
 

【 沖縄で注目・省令準耐火構造の注文住宅☆安くなる理由 】
 
★ 以下の理由が安くなる理由です。
 
・ 建物の構造によって火災のリスクが違う
・ 建物の構造で保険料が決まる
・ 三種類の構造と省令準耐火構造住宅
 
… この3点を押さえることが大切です。

 

建物の構造によって火災のリスクが違うのは当然です。建物の構造には非耐火構造・耐火構造、マンション構造があります。
 

【 沖縄で注目・省令準耐火構造の注文住宅☆構造 】
 
★ 例えば、非耐火構造の木造住宅鉄筋コンクリート造のマンション構造で、火災保険に加入する場合、同じ保険料で加入できるということはあり得ません。
 
→ それは、火災のリスクが違うからです。そのため保険料の金額も、木造住宅は高く、耐火住宅・鉄筋造のマンション構造などは安く設定されています。

 

今回解説している、沖縄での省令準耐火構造の注文住宅では、木造でも耐火構造とマンション構造と同様の耐火性能があることが、国の機関から評価されました。
 
沖縄で省令準耐火構造の注文住宅を建てた場合、火災のリスクが低いので火災保険料が安く設定されています。こう言った意味合いからも、沖縄では省令準耐火構造の注文住宅が人気です。
 

 

省令準耐火構造住宅についてデメリット


省令準耐火構造住宅についてデメリット
一方、沖縄で省令準耐火構造の注文住宅を建てるデメリットとしては、防火構造を進めるために、部屋の間取りに制限が掛かる点ではないでしょうか。
 

【 沖縄で注目・省令準耐火構造の注文住宅☆間取りの制限 】
 
★ 沖縄で省令準耐火構造の注文住宅を建てるに当たり、各部屋を防火構造にする必要があるために、部屋が完全に区切られているのと、壁の素材などが決められている点は、部屋の自由度に制限が掛かることは否めません。
 
→ 例えば吹き抜けの設計など、デザインの自由度は低いというのがデメリットと言えます。

 

沖縄で省令準耐火構造の注文住宅を建てる時の間取りは、家族と打ち合わせを行い好きな間取りを決めて行くことが特徴です。これが、沖縄で省令準耐火構造の注文住宅を建てるとなると難しいです。
 
沖縄で省令準耐火構造の注文住宅を建てることによって火災保険料が安くなっても、自分の好きな間取りにできない状況や、追加の工事費用などが発生してしまう場合、予算オーバーになってしますのが注意ポイントとなります。
 

 

いかがでしたでしょうか、沖縄で省令準耐火構造で注文住宅を建てることで、火災保険が安くなること…、また、どうして火災保険料が安くなるのかについて、お伝えしました。
 
これから家を建てることを検討しているならば、沖縄で省令準耐火構造の注文住宅を検討されてみてはいかがでしょうか。
 
ただしどんな商品にもメリット・デメリットがあります。後々まで後悔をしないように、充分な家族との打ち合わせが必要です。
 
もちろん沖縄での省令準耐火構造であっても注文住宅ですので、住まい作りについても注文住宅メーカーに相談をして丁寧に打ち合わせを行うことで、理想の家の設計ができるかもしれません。
 
その際、間取りや火災保険などの価格帯比較などについても話し合うと、後々まで満足できます。
 
☆ また、これから家を建てる人々には気になる、今人気の設計でのデメリットについては、別記事「沖縄で注文住宅を建てる☆実はデメリットが多い間取りとは」でお伝えしています。どうぞ参照してください。

まとめ

省令準耐火構造住宅で火災保険が安くなる理由

・省令準耐火構造住宅ではツーバイフォーもある
・耐火構造のために不燃材料で葺くなどをする
・最小限に火災を抑える
・燃え広がりを防ぐ
・建物の構造で保険料が決まる
・火災リスクが薄くなると保険料も安くなる
・デメリットとして設計の自由度が制限される